×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ゴールデンウィーク 海外旅行の搭乗手続き

ゴールデンウィーク海外旅行へ行く方が増加傾向にありますが、初めての飛行機という方もいるでしょう。ましてや子供づれなら、搭乗手続きが簡単にいかないこともあるでしょう。まずは、ゴールデンウィークに海外旅行を楽しむためにも、飛行機の搭乗手続きは簡単に済ませたいものですよね。
バタバタと慌てることがないように、出発時間の2時間前には友人達や家族と空港に到着するようにしましょう。空港に着いたらまずは機内に預ける荷物をX線検査機に通すところから始まります。海外旅行に行くときは手持ちの荷物と飛行機内に預ける荷物を分けておきましょう。
海外旅行用の荷物のチェックが済んだら航空会社のカウンター窓口へ並んで、航空券、パスポートとチェックが済んだ荷物を渡します。出発時間や搭乗ゲートの確認をしっかりと行なった後に、航空券を受け取りましょう。飛行機に乗る時は、国内、海外を問わずセキュリティ・チェックを受けるので、海外旅行へ行くときは、金属やナイフなどの持ち込みは辞めましょう。
ゴールデンウィークを海外旅行で過ごす時は、出国審査が必要となります。審査官の方にパスポートと航空券を渡して、出国スタンプを押してもらいましょう。

スポンサードリンク

ゴールデンウィーク 海外旅行のパスポートの申請

ゴールデンウィーク海外旅行に行くなら、必要なものとしては、まずパスポートが挙げられますが、初めてパスポートを取る方もいるでしょう。パスポートの申請に必要な書類を掲載しますので、ゴールデンウィークに海外旅行をするのなら、早期に申請することをお勧めします。
まず、パスポートを取得するには、「一般旅券発給申請書」「住民票」「戸籍抄本か謄本1通」「身分証明書」「半年以内に写した写真」「官製はがき1枚」が必要となります。一般旅券発給申請書は、5年用と10年用を選択しなくてはいけません。
20歳未満の場合は5年用のパスポートしか申請できないので、ゴールデンウィークに海外旅行のためにパスポートを取得するのなら、5年用の一般旅券発給申請書をもらうとよいでしょう。
ゴールデンウィークに海外旅行をするためのパスポートですが、身分証明書を出さないと申請できないので、運転免許証を持参するといいでしょう。子供など運転免許証がない時は、健康保険証や学生証など、2点を提出する必要があるので、忘れずに持参しましょう。学生証や運転免許証、健康保険証などはコピーでは不可ですので、必ず原本を持って行くことが必要になります。
ゴールデンウィークシーズン前になると窓口も混みあい、時間がかかることもあるので、海外旅行をすることが決まったら、まずはパスポートの申請に行くことから始めるといいでしょう。

ゴールデンウィーク 海外旅行の荷物

ゴールデンウィーク海外旅行をする時は、家族連れならなおさらですが、あまりにも荷物が重すぎて移動に邪魔になるようでは、困りますね。
海外旅行に持って行く荷物としては、パスポートや航空券、トラベラーズチェック、旅行先の現地通貨などがあります。ゴールデンウィークの海外旅行先ではレンタカーを借りることもあるでしょう。レンタカーには運転免許証のほかに国際運転免許証も必要となります。また、コンセントが国によっては日本と違う場合があるので、ドライヤーなどを使う際に変圧器が必要となります。海外旅行先で言葉が通じないとトラブルになることもあるので、電子辞書や辞書などを持って行くのもいいでしょう。中には料理の味が合わないこともあるので、マヨネーズや醤油を持参する人もいるようです。
ゴールデンウィークの海外旅行はカップルや家族にとっても思い出に残るものですから、デジタルビデオやカメラを持参する方が多いのですが、充電器は案外と忘れやすいので事前に確認しておきましょう。海外旅行する場合には、長時間の移動になったり慣れない環境で過ごすために体調を崩す時もあります。持病の薬や常備薬などを持って行くと、いざという場合に助かります。
これもあれもと持参すると荷物が増えすぎてしまうので、現地で用意できるものは現地で購入するようにすると、身軽に海外旅行が楽しめます。カバンは軽く丈夫で、そして何よりも安全性が重視されたものを選ぶことをお勧めします。

Copyright © 2007 ゴールデンウィーク 航空券